6月セミナーのお知らせ

【産業医科大学小児科セミナー】

日 時 : 令和3年6月24日(木)1800

場 所 : 産業医科大学2号館 2 2208教室

担 当 : 内分泌・代謝グループ

演 者 : 島本太郎、多久 葵、齋藤玲子

テーマ: これだけはおさえておきたい!糖代謝異常

     ~1型糖尿病について、低血糖の鑑別について~

要 旨 : 1921年にカナダ人の研究者チームによりインスリンが発見され、1型糖尿病の予後は劇的に改善した。1型糖尿病に対する治療は現在もインスリン療法のみであるが、新たなインスリン製剤の開発に伴い、以前のインスリン固定打ちから、カーボカウントを用いたインスリン療法が主流となり、また近年様々なデバイスも登場し、治療がより複雑化している。

インスリン発見100周年であるこの機会に、ガイドラインに基づいた初発時の糖尿病性ケトアシドーシスの対応、その後の1型糖尿病の治療や管理について、おさえておくべき最新の情報を解説する。また、あわせて糖代謝異常として特に外来で遭遇する機会の多い低血糖の鑑別についても本セミナーで簡単に概説をする。