1月のセミナーのお知らせ

【産業医科大学小児科セミナー】

 

日時:令和4年1月20日(木)18:00~

場所:産業医科大学2号館2階2208教室

講師:大分大学医学部小児科学講座 教授 井原 健二 先生

テーマ:新生児の飢餓に関わる最近の知見:タンデムマスからオートファジーまで

 

要旨:哺乳類の胎児は胎盤・臍帯からの血流を介して安定的な酸素と栄養の供給を受けるが,出生後には劇的な変化が起こる.臍帯と胎盤から切り離された瞬間から新生児は母親からの栄養が途絶え,哺乳により母乳が安定的に供給されるまで絶食期間が生じる.今回の講演では,新生児期の飢餓に焦点を当て我々が経験した臨床的な話題と基礎研究の成果を紹介する.最初に,新生児マススクリーニングに関わる周産期医療の現場で問題になることがある,新生児期早期の栄養不足(飢餓状態)に起因したタンデムマス疑陽性の問題を提示し,潜在する社会背景を考案する.次に,新生児期の飢餓状態の肝ミトコンドリア代償機構を中心に,肝特異的オートファジーノックアウト新生仔マウスを用いたメタボローム解析研究を紹介する.

1月のクリニカルカンファレンスのお知らせ

【産業医科大学小児科クリニカルカンファレンス】

 

日時:令和4年1月17日(月)19:00~

場所:産業医科大学2号館2階2208教室

担当:血液凝固・膠原病グループ

演者:伊藤琢磨

テーマ:こどものリウマチ〜関節型若年性特発性関節炎〜

 

要旨:若年性特発性関節炎(JIA)は16歳未満に発症し、少なくとも6週以上持続する原因不明の慢性関節炎である。症状や病態、治療から全身型と関節型に大別され、本邦では発熱や皮疹などの全身症状を伴う全身型が多いとされる。しかし、関節型JIAは本当に少ないのだろうか。痛みを周囲に伝えられなかったり、怠けていると思われて診断が遅れた症例を経験している。また、関節所見が見逃されていたり、「リウマトイド因子が陰性だからJIAではない」と誤った判断がなされていた症例もあった。今回のクリニカルカンファレンスでは、いくつかの症例を共有し、関節型JIAの特徴や成人関節リウマチとの違いを検討することに加えて、演者が専門研修で習得した関節診察手技を紹介する。明日の診療から使える関節診察が早期診断につながることを願う。

12月のクリニカルカンファレンスのお知らせ

【産業医科大学小児科クリニカルカンファレンス】

日 時 : 令和3年12月13日(月)19:00~

場 所 : 産業医科大学2号館 2階 2208教室

 

演者1: 渡邉 俊介

テーマ: 神奈川県立こども医療センターNICUに国内留学をして

〜早産児の循環管理を中心に〜

要 旨 : 極低出生体重児の長期予後には在胎週数や慢性肺疾患、脳室内出血が負の

要因として関与している。日本の周産期医療は世界トップクラスの治療成績である

が、国内でも早産児の管理は施設間で異なっており、治療成績にも違いがある。神奈

川県立こども医療センターNICUは、超音波検査を用いた早産児の循環管理の先駆けで

あり、きめ細かい管理により脳室内出血や肺出血などの合併症が少ない施設である。

神奈川県立こども医療センターNICUで行われている早産児の循環管理を中心に、私が

経験した1年間を紹介する。今回の経験を通して、今後当院での診療に還元していき

たい。

 

演者2: 重田 英臣

テーマ: 福岡市立こども病院での研修報告

~いろんな科をみて回って学んできて~

要 旨 : 2020年10月から2021年9月までの1年間、福岡市立こども病院の専攻医

として研修をする機会をいただきました。福岡市立こども病院には、小児科の各領域

のエキスパートが集まっています。3か月ごとに病棟をローテートすることで様々な

科をまわり、幅広い分野の症例を経験することができました。また、専攻医に対する

教育も盛んであり、ランチセミナーやカンファレンスなどを定期的に開催していま

す。後期修練医として、福岡市立こども病院での1年間について報告したいと思いま

す。

 

11月のセミナーのお知らせ

日 時: 令和3年11月25日(木)18:00~

場 所: 産業医科大学2号館3階 2305教室

 

演者1: 齋藤 玲子

テーマ: 東京都立小児総合医療センター内分泌・代謝科での研修報告

~スタンダートな診断・治療とは~

要 旨 : 今回、2020年4月から1年間、年間1,000人以上の初診患者が受診する西

東京の中核病院である東京都立小児総合医療センターの内分泌・代謝科で研修をする

機会を頂いた。内分泌・代謝科では、common diseaseだけではなく、稀少疾患も含

め多岐に渡る疾患を主治医として治療させて頂き、疾患毎にチームを組みながら、様

々な経験を積むことができた。

また、ディスカッションを重ねる中で、ガイドラインの解釈が各施設で異なる事を痛

感した。過去の自分の治療を振り返り、ガイドラインを見つめなおす考えるいい契機

となった。今後の診療で還元していきたいと考えている。

1年間の研修を通して経験した臨床の考え方、稀少疾患をみるうえで必要なチーム医

療、臨床研究の大切さに加え、医師として必要な姿勢についても学ぶことが多かった

ため、あわせて紹介する。

 

演者2: 川村 卓

テーマ: 福岡市立こども病院アレルギー・呼吸器科研修で学んだこと

(+産業医の経験)

要 旨 : 2019年5月から2021年4月まで週1回、福岡市立こども病院アレルギー

・呼吸器科で勉強させていただきました。

食物アレルギーの食物経口負荷試験、アトピー性皮膚炎のスキンケア指導、気管支喘

息の各種検査と病態評価に加え、稀少疾患等も幅広く経験させていただき、多くを学

ぶことができました。

その経験を活かし、5月から産業医科大学でアレルギー外来を開設しており、そこで

行っている現在の診療内容もお示しいたします。

アレルギー診療をしていて「ここがやりがいがある!」という点もお伝えできればと

思います。

また、僭越ながら今後の展望も語らせていただきたいと思います。

加えて、産業医中に学び、小児科診療に活かせると思った知識・経験もお伝えします。

11月クリニカルカンファレンスのお知らせ

【産業医科大学小児科クリニカルカンファレンス】

 

日 時 : 令和3年11月8日(月)19:00~

場 所 : 産業医科大学2号館 2階 2208教室

担 当 : 内分泌・代謝グループ

演 者 : 九州労災病院小児科 河田 泰定

テーマ: 小児内分泌外来-様々な子どもたち-

要 旨 : これまで,たくさんの内分泌疾患の子どもたちを診療してきた。

今年度で,定年を迎えるにあたり,総括的に振り返ってみたい。

長年ポリクリで使用していた資料をベースに,各種内分泌疾患について,

概説する。具体的には,①成長障害;低身長,②甲状腺疾患;クレチン症,

バセドウ病,慢性甲状腺炎,③副腎疾患;先天性副腎皮質過形成症,④性腺;

思春期早発症,⑤ターナー女性,⑥小児糖尿病について,自験例を紹介する。

 

***********************

産業医科大学小児科学教室

〒807-8555 福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1

Tel:093-691-7254 Fax:093-691-9338

e-mail:j-syoni@mbox.med.uoeh-u.ac.jp

***********************

10月セミナーのお知らせ

日 時: 令和3年10月28日(木)18時~

場 所: 産業医科大学2号館 2階 2208教室

担 当: 神経グループ

演 者: 石井雅宏、五十嵐亮太、柴原淳平、福田智文

テーマ: これだけは知っておいてほしい!筋ジストロフィー

要 旨: 筋ジストロフィーとは骨格筋の壊死 ・再生を主病変とする遺伝性筋疾患の総称です。筋ジストロフィーの中には多数の疾患が含まれますが、いずれも筋肉の機能に不可欠なタンパク質の設計図となる遺伝子に変異 が生じたためにおきる病気です。治療としてはエビデンスがある治療が少なく、対症療法がメインでした。しかし、2020年5月よりデュシェンヌ型筋ジストロフィーの治療薬であるビルトラルセン(ビルテプソ®)が販売され状況は、脊髄性筋萎縮症と同様に大きく変わりました。今回のセミナーでは4人の演者が筋ジスの病態や診断、薬剤の効果と投与の実際、筋ジストロフィーと他の筋原性疾患との鑑別診断について概説いたします。

 

9月セミナーのお知らせ

日 時:令和3年9月30日(木)18:00~

場 所:産業医科大学2号館 2208教室

テーマ:令和2、3年度産業医科大学小児科掲載原著論文報告会

 

Highest impact factor article

 

1.Haro K, et al.

Bacterial composition of nasal discharge in children based on highly accurate 16S rRNA gene sequencing analysis.

Sci Rep 2020; 10: 20193.

 

 

Candidates of most impressive article of professor

1.Kawamura M, et al.

The optimal duration of antimicrobial therapy for lower respiratory tract infection in patients with neuromuscular disorders based on a clone library analysis of the bacterial 16S rRNA gene sequence.

Int J Infect Dis 2020; 100: 396-401.

 

2.Watanabe S, et al.

The recent characteristics of influenza-related hospitalization in Japanese children.

Eur J Clin Microbiol Infect Dis 2021; 40: 2011-2015.

 

3.Ishii M, et al.

Measurement of the estradiol concentration in cerebrospinal fluid from infants and its correlation with serum estradiol and exosomal MicroRNA-126-5p.

Biol Pharm Bull 2020; 43: 1966-1968.

 

4.Hoshina T, et al.

Trends in voluntary vaccination coverage in a Japanese city.

Pediatr Int 2021, in press.

 

5.山本幸代ら.

学校健診での成長曲線活用の現状.

日児誌 2021、in press.

 

第12回八幡地区病院小児科合同カンファレンスのご案内

日 時  : 令和3年9月13日(月)19時~

場 所  : 産業医科大学2号館2階2208教室

テーマ : COVID-19流行の間接的影響を受けた事例

 

症例提示

  1. SARS-CoV-2に強い恐怖を訴えた不登校のある7歳女児

済生会総合病院小児科 白山 理恵 先生

 

  1. NO吸入療法中患児の付添者がCOVID-19発症した事例の対応について

JCHO九州病院小児科 杉谷 雄一郎 先生

 

  1. 新型コロナ流行前後における思春期心身症患者数の変化について

北九州市立八幡病院小児科 大武 瑞樹 先生

 

  1. 新型コロナウイルス感染拡大防止のため実施された長期休校が児童生徒の体格へ及ぼした影響

産業医科大学小児科 桑村 真美 先生

7月クリニカルカンファレンスのお知らせ

【産業医科大学小児科クリニカルカンファレンス】

 

日 時 : 令和3年7月12日(月)19:00

場 所 : 産業医科大学2号館 2 2208教室

担 当 : 感染・免疫グループ

演 者 : 保科 隆之、多久 佳祐、緒方 愛実

テーマ: 忘れがちだけど意外に発⽣が多い寄⽣⾍症 肺吸⾍症症例を経験して寄生虫感染症

要 旨 : 寄生虫症は不衛生な環境において発症する頻度が高いと考えがちであるが、衛生環境の良い日本においても、まだまだ忘れてはいけない感染症の一つである。実際、アニサキスによる集団食中毒の発生件数は、毎年、国内の集団食中毒発生件数の上位であり、保育園などでの疥癬の集団発生も少なくない。さらに、重篤な感染症を引き起こすものの、鑑別上位に挙がらないため、診断に難渋することもある。

 今回のカンファレンスでは、原因不明の両側膿胸の精査加療目的に入院し、肺吸虫症と診断された症例を経験したことをきっかけとして、寄生虫症の現況、診断のポイントなどを概説する。