2月カンファレンスのお知らせ

日 時 : 令和2年2月10日(月)1900

場 所 : 産業医科大学2号館2 2208教室

担 当 : 腎グループ

演 者 : 芳野三和先生(JCHO九州病院)、斉宮真理

演 題 : 小児CKD〜その診断から腎代替療法の現状まで〜

要 旨 : 小児慢性腎臓病(小児CKDChronic Kidney Disease)は末期腎不全に至る可能性がある疾患であり、長期的な腎機能障害は成長障害や骨ミネラル代謝異常などの重篤な合併症を引き起こし、最終的に透析や移植などの腎代替療法を必要とする。

 今回、遺伝性腎疾患による保存期腎不全を経て腹膜透析を導入した症例、先天性腎尿路奇形による保存期腎不全で先行的腎移植を予定している症例を紹介し、小児CKDの診断や管理、また現在の小児の腎代替療法の現状について紹介する。

 

 

1月カンファレンスのお知らせ

 

日時:令和2120日(月)1900

場所:産業医科大学2号館22208教室

担当:血液凝固・膠原病グループ

演者:伊藤琢磨、押田康一

テーマ:ITP治療の現状 ~小児難治性ITP治療ガイド2019をふまえて~

要旨:免疫性血小板減少症(ITP)は感染症やワクチン接種などを契機に発症する自己免疫疾患である。小児では約8割が自然寛解するとされるが、免疫グロブリン大量療法やステロイド薬に抵抗性の難治例も存在する。2004年に提唱され、長らく臨床現場で使用されてきた小児ITPの診断・治療・管理ガイドラインにおいて、難治例には脾臓摘出術(脾摘)のみがその有用性を表記されていた。その後、トロンボポエチン受容体作動薬の登場や、抗CD20モノクローナル抗体製剤リツキシマブの適応拡大がなされ、成人領域での慢性ITP治療の選択肢が拡がり、欧米のガイドラインが改訂されたことで徐々に本邦の小児難治性ITPにおいてもそれらの薬剤の使用経験が積み重ねられ、昨年新たに小児難治性ITP治療ガイド2019が策定された。今回のクリニカルカンファレンスでは、当方の診療経験とともに新ガイドを紹介しITP治療の現状を再確認する。

 

1月セミナーのお知らせ

【産業医科大学小児科セミナー】

 

日 時: 令和2年1月16日(木)18時~

場 所: 産業医科大学2号館 2階 2201教室

演 者: 山口大学大学院医学系研究科医学専攻小児科学講座 教授 長谷川 俊史 先生

 

テーマ「小児食物アレルギーの対策と予防」

 

要 旨: 近年食物アレルギーの有症率は増加傾向で、原因食物も多様化しつつあり、さらに一部の症例においては難治化および重症化してきている。2012年に東京都調布市で学校給食後に食物アレルギーによるアナフィラキシーショックの疑いで小学生が死亡するという痛ましい事故があったため、教育現場においては大きな問題になっている。

食物アレルギーの治療については1990年代までは原因食物を除去し、自然寛解を期待するのが原則であった。しかし2008年にLackらが, 経皮的な抗原暴露では感作 (経皮感作) が進み、食物アレルギーが重症化していくが、一方で抗原を経口摂取することにより、無症状で摂取可能になること (免疫寛容) を誘導することができる可能性があるという、Dual allergen exposure hypothesis (二重抗原曝露仮説) を提唱した。その後もこの仮説を裏付ける研究が発表され、小児アレルギー専門医による食物アレルギー診療の主流は“食べさせない”から“いかに食べさせるか”という時代になってきた。さらに現在はその一歩先を進んで、“いかに食物アレルギーの発症を予防するか”という臨床研究が行われ、その成果が報告されている。

本講演では小児の食物アレルギーに関して、患者を取り巻く家族、医療従事者、教育関係者らが正しい知識を持ち、どのように対応するかに加え、食物アレルギー発症の予防に関する最近の話題についてお話しします。

12月のカンファのお知らせ

【産業医科大学小児科クリニカルカンファレンス】

 

日 時 : 令和元年129日(月)19:00

場 所 : 産業医科大学2号館2 2208教室

 

演 題1:九州大学病院PICU研修報告 ~小児の三次救急・集中治療の現状~

演 者 : 多久 佳祐

要 旨 : 小児における重症患者へのアプローチとして初期治療、搬送・集約化、集中治療と3つのステップに分けることができる。しかし重症小児患者は少なく、集約化されていない場合、施設毎に症例や経験を集積できず治療成績が向上しない。そのためPICUなど集約化された専門の施設での治療が望ましいとされている。

 当院ではPICUとしての施設がなく、集中治療の経験に乏しい。今回、九州大学病院PICUで第一次から三次の救急医療と集中治療に携わり、重症患者に対する当院での今後の在り方について考える。

 

演 題2:聖路加国際病院に国内留学をして 〜血液診療の経験と学びの機会〜

演 者 : 水城 和義

要 旨 : 201810月から1年間、小児血液腫瘍の中心的な病院である聖路加国際病院で、国内留学の機会を頂くことができました。聖路加はTCCSG(東京小児血液がん研究グループ)の拠点病院で、研究会や勉強会が活発に行われており、都内の様々な病院の先生方が小児血液腫瘍の研修に来られています。また、移植カンファレンスや多職種でのカンファレンス、500回を超える伝統的な抄読会などが行われており、発表の機会も多く頂きました。臨床でもハプロ移植をはじめ、貴重な症例の経験をさせて頂きました。今回の経験をご紹介し、また、少しずつ大学で還元していければ幸いです。

 

11月セミナーのお知らせ

【産業医科大学小児科セミナー】

日 時 : 令和元年11月28日(木)18:00~
場 所 : 産業医科大学2号館 2階 2208教室
担 当 : 産業医科大学小児科 感染・免疫グループ
演 者 : 小川 将人、保科 隆之
テーマ: 環境因子および微生物学的因子からみる川崎病の病因および治療反応性

要 旨: 川崎病の発症には、宿主の遺伝的背景が関与していると考えられており、最近は免
疫機能に関与する遺伝子の網羅的解析が盛んにおこなわれている。その一方で、毎年のよ
うに患者数の季節変動があることから、何らかの環境因子が関与していることも推測される。
我々は、北九州市内の医療機関の協力を得て行った川崎病症例を対象とした研究で、患者
数の季節変動だけでなく、免疫グロブリン大量療法不応例の出現頻度が季節によって異なる
ことを示した。この結果から、川崎病発症のみなならず、治療反応性についても環境因子が
関与している可能性が示唆された。
本セミナーでは、川崎病の発症および治療反応性への環境因子の関与について行われた
過去の研究の紹介と、当教室で進める予定の川崎病患者の腸内細菌叢解析の概要を説明
する。

11月カンファレンスのお知らせ

【産業医科大学小児科クリニカルカンファレンス】

日 時 : 令和元年11月11日(月)19:00~
場 所 : 産業医科大学2号館2階 2208教室
担 当 : 内分泌・代謝グループ
演 者 : 島本 太郎、齋藤 玲子、川越 倫子、山本 幸代、河田 泰定
テーマ: 臍帯血移植13年後に甲状腺腫大を来たした、甲状腺腫瘍の15歳女性例

要 旨 : 小児期に認められる甲状腺腫大の原因は、バセドウ病や橋本病によるびまん
性甲状腺腫、腺腫様甲状腺腫によるものがほとんどであり、結節性甲状腺腫大は少な
い。結節性病変の中でも、甲状腺癌は非常に稀で、小児期悪性腫瘍のわずか約1%と
報告されている。発症年齢は9歳以降に発症が増加する傾向にあり、成人例に比べ、
発見された時の腫瘍は大きく、リンパ節転移や周囲への浸潤も多く、肺転移を来たす
率も高いため、甲状腺腫瘍の鑑別として甲状腺癌の精査が必要である。
今回、ALL治療中再発に対し非同種間臍帯血移植をうけ、13年後に甲状腺腫大指摘
された症例を提示し、甲状腺腫瘍の鑑別について概説を行う。

10月カンファレンスのお知らせ

【産業医科大学小児科カンファレンス】

日 時:令和元年10月21日(月)19:00~

場 所:産業医科大学2号館 2208教室

テーマ:平成30・31、令和元年度産業医科大学小児科掲載症例論文報告会

 

Highest impact factor article

 

1.Mizuki K, et al.

Chronic mandibular osteomyelitis caused by Granulicatella adiacens in an immunocompetent child.

J Infect Chemother 2019; 25: 376-378.

 

 

Candidates of most impressive article of professor

 

1.Ito T, et al.

Kawasaki disease-related arthritis with synovial involvement.

Pediatr Int 2019; 61: 98-99.

 

 

2.島本太郎ら.

6年間の成長率低下を認め、-5 SDの低身長を契機に発見された鞍上部黄色肉芽腫の小児例.

J UOEH 2019; 41: 249-257.

 

 

3.島本太郎ら.

尋常性白斑のフォロー中に、低血糖けいれんを契機に診断されたAdisson病の女児例.

日児誌 2019, in press.

10月セミナーのお知らせ

【産業医科大学小児科セミナー】

日 時 : 令和元年10月24日(木)18:00~
場 所 : 産業医科大学2号館 2階 2208教室
担 当 : 産業医科大学小児科 神経グループ
演 者 : 田中健太郎、柴原淳平、五十嵐亮太、福田智文、石井雅宏
テーマ: 乳幼児健診

要 旨: 乳幼児健診での早期発見がその児の将来を変えうると言っても決して過言ではありません。その乳幼児健診で決して見逃してはならない徴候だけでなく、グレーゾーンとされる所見に対しての考え方を提示し、ディスカッションをしていく予定です。
また、最近色々な自治体で導入され始めた5歳児健診についても、他地域での現状や、どういった徴候を診るべきなのかも併せて提示する予定です。

9月セミナーのお知らせ

日 時:令和元年9月24日(火)18:00~
場 所:産業医科大学2号館 2208教室
テーマ:平成30・31、令和元年度産業医科大学小児科掲載原著論文報告会
要 旨: 2018~2019年度に医学系雑誌に掲載された症例報告論文の発表会を開催いたします。

Highest impact factor article

1.Shimizu D, et al. Seasonality in clinical courses of Kawasaki disease. Arch Dis Child 2019; 104: 694-696.

 

Candidates of most impressive article of professor

1.Saito R, et al. Centrally administered kisspeptin suppresses feeding via nesfatin-1 and oxytocin in male rats. Peptides 2019; 112: 114-124.

2.Ogawa M, et al. The microbiological characteristics of lower respiratory tract infection in patients with neuromuscular disorders: An investigation based on a multiplex polymerase chain reaction to detect viruses and a clone library analysis of the bacterial 16S rRNA gene sequence in sputum samples. J Microbiol Immunol Infect 2019, in press.

3.Yamamoto Y, et al. Status and trends in the use of insulin analogs, insulin delivery systems and their association with glycemic control: comparison of the two consecutive recent cohorts of Japanese children and adolescents with type 1 diabetes mellitus. J Pediatr Endocrinol Metab 2019; 32: 1-9.

4.Ishii M, et al. The physiological variation in plasma presepsin levels during the early neonatal period. Tohoku J Exp Med 2018; 246: 199-203.

5.Shimizu D, et al. Impact of high flow nasal cannula therapy on oral feeding in very low birth weight infants with chronic lung disease. J UOEH 2019; 41: 131-138.

6.荒木俊介ら. 医療的ケア児の保護者における就労状況の調査. 産業医科大学雑誌 2019; 41: 171-178.

7.市川 俊ら. 新生児DICに対する遺伝子組み換えトロンボモジュリン製剤の投与状況―DPCデータを用いた解析―. 日産婦新生児血会誌 2019; 29: 1-2.

第9回八幡地区病院小児科合同カンファレンスのご案内

日 時  : 令和元年9月9日(月)19時~
場 所  : 産業医科大学2号館2208教室
テーマ : 死亡症例を経験して伝えたいこと

症例提示
1. フロッピーインファントで心肺停止した生後6か月女児例
産業医科大学小児科 福田 智文 先生

2. インフルエンザ感染を契機に多臓器不全で死亡した9歳女児例
北九州市立八幡病院小児科 藤崎 撤 先生

3. 起床後になんとなく元気がなく、午前中にかかりつけ医で補液治療を受け帰宅。
その数時間後に、ショック死に至った症例
JCHO九州病院小児科 花木 由香 先生