6月セミナーのお知らせ

【産業医科大学小児科セミナー】

日 時 : 令和6年6月27日(木)18:00~
場 所 : 産業医科大学2号館2208教室 
担 当 : 内分泌・代謝
演 者 : 齋藤 玲子、桑村 真美、池上 朋未
テーマ : 日常診療に潜む骨系統疾患
要 旨 : 骨系統疾患では、低身長、プロポーションの異常(四肢短縮、体幹短縮)、骨格変形(O脚、X脚)、易骨折性などを認める。青色強膜、歯牙異常、家族歴など特徴的な所見を認める疾患もあるが、易骨折性のみの場合は虐待との鑑別など、診断に苦慮することも多い。近年、一部の骨系統疾患では、遺伝子診断や治療の選択肢も増えており、より早期の適切な診断が望まれる。本セミナーでは、比較的頻度が高い易骨折性を呈する骨系統疾患である、くる病、骨形成不全症、低ホスファターゼ症について、病歴聴取や身体所見の取り方のポイントを中心に、虐待との鑑別についても概説する。

***********************
産業医科大学小児科学教室
〒807-8555 福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
Tel:093-691-7254 Fax:093-691-9338
e-mail:j-syoni@mbox.med.uoeh-u.ac.jp
***********************

Forum on Growth Hormone Research 2024

 5/25 東京で開催された、Forum on Growth Hormone Research 2024に参加しました。国際ガイドラインの話などあり、とても勉強になりました。

 そして、懐かしい先生にお会いできました!押田先生、土橋先生(私が入局した白幡先生時代の医局長の先生です)、とてもお元気でした!

 同門の先生にお会いできるのはとても嬉しいな、と感じました!

執筆者:齋藤玲子

5月のセミナーのお知らせ

【産業医科大学小児科セミナー】

日 時 : 令和6年5月30日(木)18:00~
場 所 : 産業医科大学2号館 2階 2208教室
担 当 : 産業医科大学小児科 各診療グループ
テーマ: 研究状況中間報告

***********************
産業医科大学小児科学教室
〒807-8555 福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
Tel:093-691-7254 Fax:093-691-9338
e-mail:j-syoni@mbox.med.uoeh-u.ac.jp
***********************

5月クリニカルカンファレンスのお知らせ

【産業医科大学小児科クリニカルカンファレンス】

日 時 : 令和6年5月13日(月)18:00~
場 所 : 産業医科大学2号館 2階 2208教室
担 当 : 神経グループ
演 者 : 柴原 淳平、五十嵐 亮太、福田 智文
テーマ: Dravet症候群~その患者さんは本当に熱性けいれんですか?~
要 旨 : Dravet症候群は乳児期に発症し、発作の熱感受性が特徴的な発達性てんかん性脳症の一つである。発熱や入浴による発作誘発や重積、群発傾向などの特徴があれば本症候群の可能性を考える必要がある。遺伝子検査は保険適応であり、近年、治療薬としてフェンフルラミンが新たに承認された。日常診療でよく経験する熱性けいれんの鑑別疾患の一つであり、知識をup-dateする。

***********************
産業医科大学小児科学教室
〒807-8555 福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
Tel:093-691-7254 Fax:093-691-9338
e-mail:j-syoni@mbox.med.uoeh-u.ac.jp
***********************

第524回日本小児科学会福岡地方会

 2024年3月2日、第524回日本小児科学会福岡地方会が九州大学病院ウェストウイング棟臨床大講堂とWebのハイブリッド開催されました。産医大からは、山口先生と煙草谷先生(北九州総合病院の症例)が発表されました。

 ちょっと遅くなりましたがお疲れさまでした。

執筆者:川村卓

4月セミナーのお知らせ

【産業医科大学小児科セミナー】

日 時 : 令和6年4月25日(木)18:00~
場 所 : 産業医科大学2号館2205教室 ※2階の一番奥のお部屋です。
担 当 : 感染・免疫
演 者: 多久佳祐、川村卓、髙橋光
テーマ: 新規ワクチンの現状と今後の展望
要 旨 : 小児科医にとってワクチンは重要な業務の一つであり、現在多くのVPD(vaccine preventable disease)をカバーしている。2013年4月にヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン、ヒトパピローマウイルスワクチンの3つのワクチンが任意接種から定期接種に変更され、日本の予防接種制度の歴史の中でも画期的なことであり、ワクチンギャップを埋める大きな動きであった。そこから約10年の間にワクチンギャップは徐々に解消され、2023年4月より9価ヒトパピローマウイルスワクチン、2024年4月より15価肺炎球菌結合型ワクチン、5種混合ワクチンが定期接種となり、妊婦へのRSワクチン(アブリスボ®)やパリビズマブにかわる長期間作用型抗体(ベイフォータス®)などの新規ワクチンも本邦で承認され、今後のさらなる疾病負担の減少が期待されている。本発表では、近年導入されたワクチンや今後導入されるワクチンに関する知見を紹介する。

***********************
産業医科大学小児科学教室
〒807-8555 福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
Tel:093-691-7254 Fax:093-691-9338
e-mail:j-syoni@mbox.med.uoeh-u.ac.jp
***********************

3月のセミナーのお知らせ

【産業医科大学小児科セミナー】

日 時 : 令和6年3月28日(木)18:00~
場 所 : 産業医科大学2号館2階 2208教室
担 当 : 循環器班
演 者: 清水大輔、眞鍋舜彦
テーマ: 小児心臓カテーテル治療-その症例、カテーテルで治療できるかも-
要 旨 : 小児の心臓カテーテル治療は 1966 年に完全大血管転位に対して施行されたバルーン心房中隔裂開術から始まり、現在では肺動脈弁や大動脈弁、大動脈縮窄症に対するバルーン拡張術、異常な側副血管に対するコイル塞栓術、さらには近年まで心臓外科手術が唯一の治療方法であった動脈管開存症や心房中隔欠損症に対するカテーテル閉鎖術など、多くの疾患で治療が可能となった。また、カテーテル治療の多くは新生児期・低体重であっても行うことができ、心臓外科手術に比べて非常に低侵襲であることから患児に対するメリットは大きい。近年、動脈管開存を維持するためのステント治療やファロー四徴症術後の肺動 脈弁閉鎖不全に対する経皮的肺動脈弁留置術など、新たなカテーテル治療も実践されている。本セミナーでは当院で行ったカテーテル治療の症例を提示し、日ごろ小児循環器診療に 携わらない先生方に『カテーテル治療』という選択肢があることをぜひ知って頂きたい。

***********************
産業医科大学小児科学教室
〒807-8555 福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
Tel:093-691-7254 Fax:093-691-9338
e-mail:j-syoni@mbox.med.uoeh-u.ac.jp
***********************

第30回アレルギー週間記念講演会in北九州

 2024年2月18日、北九州市立商工貿易会館で、「第30回アレルギー週間記念講演会in北九州、アレルギーの克服に向けて、小児科領域の現状」が開催されました。
 当院からは発表者として川村が、協力者として、田中先生、神田先生、村川先生が参加しました。
 
 100名近い参加者で、医療者以外も含む多職種の方に参加をいただき、盛況な会となりました。小児のアレルギー疾患は児を囲むように多職種の連携が不可欠であり、非常に有意義な会となりました。

 皆様お疲れさまでした。

執筆者:川村卓

第17回八幡地区病院小児科合同カンファレンスのお知らせ

【第17回八幡地区病院小児科合同カンファレンス】

日 時 : 令和6年3月4日(月)19時~
場 所 : 産業医科大学2号館2208教室
テーマ : 便通異常のある小児の原因(診断)・治療

1. 排便コントロールに難渋したうっ滞性腸炎の3例
 JCHO九州病院小児科 大村 隼也 先生

2. 集中治療室での管理を要した重症下痢症の乳児例
 北九州市立八幡病院小児科 竹井 文哉 先生

3. 幼児期にPeutz-Jeghers症候群と診断され、思春期に巨大結腸症を契機にHirschsprung病の合併が判明した1例
  産業医科大学小児科 村川 沙織 先生

***********************
産業医科大学小児科学教室
〒807-8555 福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
Tel:093-691-7254 Fax:093-691-9338
e-mail:j-syoni@mbox.med.uoeh-u.ac.jp
***********************