6月クリニカルカンファレンスのお知らせ

【産業医科大学小児科クリニカルカンファレンス】

日 時 : 令和3年6月14日(月)19:00

場 所 : 産業医科大学2号館 2 2208教室

担 当 : 新生児グループ

演 者 : 荒木 俊介

テーマ: 治療可能となったNICUで診療する骨系統疾患Update

要 旨 : 近年、いくつかの骨系統疾患においては分子レベルでの病態の解明が進み、疾患特異的な治療が開発されている。低ホスファターゼ症は血清アルカリホスファターゼ値の低下と骨石灰化障害を特徴とする疾患であるが、酵素補充薬の導入により従来は早期に死亡していた重症例の救命が可能となった。また、X連鎖性低リン血症性くる病は、線維芽細胞成長因子23(FGF23)の過剰産生が病態の基盤となるが、2019年に他のくる病と鑑別するためのFGF23測定が保険適用となり、さらに新規治療薬としてFGF23抗体が導入された。頻度の高い軟骨無形成症については2019年に日本小児内分泌学会から「軟骨無形成症診療ガイドライン」が発表され、治療法として成長ホルモン、四肢延長術が記載されているが、全く新しい治療法としてCNPアナログの臨床試験が進行中である。

 今回のカンファレンスではこれまでNICUで診療した骨系統疾患を提示するとともに、最近歯科との連携により診断した歯限局型の低ホスファターゼ症の症例についても解説する。

2月クリニカルカンファレンスのお知らせ

 【産業医科大学小児科クリニカルカンファレンス】

 

日時:令和3年2月8日(月)1900

場所:産業医科大学2号館22208教室

担当:腎グループ

演者:神田里湖、斉宮真理

テーマ:小児特発性ネフローゼ症候群の治療の現状~ガイドライン2020を紐解く~

要旨:小児特発性ネフローゼ症候群は、小児腎臓病領域において重要な疾患の一つであり、一般診療で経験することが多い疾患である。免疫抑制療法の発達により寛解率の改善や再発の抑制が可能となったが、未だ難治例が存在する。ガイドライン2013の普及は治療の均てん化に寄与したが、急性期の合併症や難治例の長期的な戦略においては、個々への対応が必要であり、苦慮することも多い。 今回のクリニカルカンファレンスでは、急性期にAKIを合併したネフローゼ症候群の一例を紹介し、ネフローゼの急性期の病態について考察する。また新しく改定されたガイドライン2020についても解説する。

 

6月カンファレンスのお知らせ

日 時 : 令和元年6月10日(月)19:00~
場 所 : 産業医科大学2号館2階 2208教室
担 当 : 新生児グループ
演 者 : 川瀬真弓、守田弘美、荒木俊介
テーマ: ヌーナン症候群関連骨髄増殖性疾患と考えられた新生児例
要 旨 :新生児期に発症する骨髄増殖性疾患としては、よく知られている21トリソミーに合併してみられる一過性骨髄増殖症(TAM)のほかに、若年性骨髄単球性白血病(juvenile myelomonocytic leukemia: JMML)がある。さらに、JMMLに類似した疾患としてヌーナン症候群に合併するヌーナン症候群関連骨髄増殖性疾患(Noonan syndrome-related myeloproliferative disorder: NS/MPD)があり、形態学的特徴や発症機序にはJMMLと共通した部分が見られるものの自然経過や予後には大きな違いがあるため鑑別が重要となる。
 今回当院で経験したNS/MPDと考えられた新生児例を提示し、JMML及びNS/MPD発症の基盤となるRAS経路の異常及び最近の“RAS opathy”についても概説する。

第5回八幡地区病院小児科合同カンファレンスのご案内

日 時  : 平成 29年 9月 4日(月)19時~
場 所  : 産業医科大学2号館 4階 2401教室

Meets the experts in Yahata region

講演1 日常診療に潜む小児がん -診断のピットフォール-
産業医科大学小児科 本田 裕子 先生

講演2 被災地で見る、医療の原点
JCHO九州病院小児科 米田 哲 先生

第3回八幡地区病院小児科合同カンファレンスのお知らせ

日 時  : 平成 28年 9月 26日(月)19時~
場 所  : 産業医科大学2号館 2階 2201教室
テーマ : 消化器症状を主訴に受診した教訓的症例

症例提示

1. 急性胃腸炎を合併し、診断に時間を要した脳腫瘍の一例
産業医科大学小児科 守田 弘美 先生

 
2. 59生日男児 深夜2時 繰り返す嘔吐と不機嫌
北九州市立八幡病院小児救急センター 青砥 悠哉 先生、小野 友輔 先生

 
3. 周期性嘔吐症と診断され、加療されていたが、急性膵炎の発症を機に
輪状膵・十二指腸狭窄と診断した一例
JCHO九州病院小児科 吉田 卓也 先生

新生児蘇生法「専門」コース募集終了のお知らせ

先日募集を開始した第22回産業医科大学病院主催 新生児蘇生法「専門」コースは応募者が、募集人数に達したため募集を終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

次回は秋ごろに開催を予定しておりますので、参加ご希望の方は下記にメールを頂ければ、日程が決定次第ご案内メールをお送りします。

よろしくお願いいたします。

産業医科大学小児科 荒木俊介
arashun@med.uoeh-u.ac.jp